俺が大分前に親父から聞いた話。

昔友達と車を走らせて、
知り合った女の子を車に乗せたそうだ。

話を聞くと
その娘は病院に行くそうなので
送ってあげることにした。

そこでなんで病院にいくか聞いたところ、
そのいきさつを語ってくれた。

その娘は女子大生?(昔聞いた話なのでよく覚えてないんだが)で
あるサークル(部活?)に入っていた。

で、そのサークルのメンバーで
山にキャンプに行ったそうだ。

まあ始めはみんなで飯作ったり遊んだり、
で夜になってキャンプファイヤーをやることになった。

みんなで騒いでる最中ある女の子が
何気なく周辺にあった木のほうへ視線を向けると
誰か知らない男が木の陰からこちらを見ていた。

しかもなんとなく
この世のものとは思えないような不気味な顔。

しかしもう夜だし、
勘違いかもしれない事で皆を怖がらせるのも嫌なので
その日はそのことについて何も言わずに寝たそうだ。

次の日自分が見た男について一応話してみると
そこにいた数人が
その男を目撃していたということがわかった。

これ以上ここにいるのは危険だと判断して
全員で山を降りることになった。

中には本当に怖がってる人もいて
パニックになりそうだったから
一列に並んで走り出したりしないように
帰ろうということになった。

んで部長が一番後ろからついてきてたらしいんだけど
その部長が一目散に皆を追い越してダッシュしていった。

もうそこからはパニックで皆走り出す始末。

で一時たって落ち着いてから
一人が部長になんで走り出したか聞くと
自分が最後尾を歩いてて
ふと気になって後ろを振り向こうとしたら
自分の肩のところにその男の顔があったそうだ。

これは何かいけないものを連れてきたなということで
部室でお祓いを受けることになった。

そのとき最初に「それ」を目撃した女の子が
部室のドアを開けると
自分の目の前にその男が立っていたそうだ。

それで霊能者に来てもらいお払いを済ませ
そのことについて聞いてみた。

話によればそのキャンプした場所の近くには滝があり
そこで自殺した人を連れてきてしまったのだろうということだった。

その後男は現れなかったそうだが
そのときのショックで入院している娘のお見舞いに行くというのが
その女の子が病院に行く理由だった。

親父がこの話を聞いてぞっとしたと
昔怖い話を聞かせてくれと
せがんだ俺に教えてくれたはなしだ。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事