伯父から聞いた話です。

伯父は、
静岡県警の鑑識をする部署の記録係(主に写真)で働いておりました。

すでに他界しましたが、
生前こんな話を聞いた事があります。

場所柄、
富士の青木ヶ原樹海へ現場検証に出向く事が、
月に一度はあったそうです。

その日も樹海の自殺者の現場撮影のため、
夕方くらいまで写真を42枚撮りのフィルム二本に、
現場の状態をいろいろな角度から撮影したそうです。

署に帰ると八時を廻っていた為、
現像は翌日にすることにして帰宅したそうです。

家に帰り、
お風呂にゆっくり体を沈めました。

すると暫くして妙な事に気がつきました。

それは洗い場の正面に掛けてある鏡に、
浴槽から立ち上った湯気が人の顔の形のように浮かび上がるのでした。

伯父は妙に思い手で鏡を拭き取りました。

ところが暫くするとまた顔が浮き出てくるのです。

長い髪をした女性の顔に見えたそうです。

あまりに長湯の伯父を変に思い、
伯母さんが風呂を開けると、
沸き立つ湯に全身を赤くした伯父が浴槽で震えていたそうです。
(伯父は熱湯の中、「寒い寒い」と言っていたそうです)

そのまま病院に入院した伯父(火傷で全治二週間と診察された)のもとに、
見舞いに来た同僚が、
樹海で写した写真を差し出した。

見ると、
伯父が写った写真があり(撮影した人は伯父だけだった)、
その写真には、伯父の足元の地面に無数の髑髏が写っていたそうだ。

病院を退院して御祓いしてもらった伯父に、
先輩が

「樹海じゃよくある事なんだ。
あのての写真は全て廃棄されるんだがね」

と教えてくれたらしい。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事