高校時代に連れと5人で沖縄に遊びに行った。

予約してた民宿は最初5人・1部屋で泊まってたが、
一番奥の部屋が空き部屋だとわかり、
5人では狭く感じてたので、
その部屋を貸してくれと頼んだ。

すると民宿の人は、
別に使ってもいいけど
後で苦情を言わないでね。
と言われた。

しかも料金は要らないという。

みんな何かワケでもあると思ってたが、
別に気にすることなく
その部屋に2人泊まった。

すると夜中に
その二人が元々いた部屋にやってきて、
何か嫌な感じがするので
こっちで寝かせて欲しいと頼んできた。

暫くしてみんなで
その部屋の様子を見に行った。

確かに異様な雰囲気がする。

その部屋にいてから
1時間ぐらいたっただろうか。

部屋が小刻みに揺れだし、
多数のうめき声が聞こえてきた。

時折、窓を叩く音がするし、
真夏なのにエアコンもつけてないのに
ヒンヤリしてきた。

すると突然部屋の電気が消え、
みんな一斉に金縛りになった。

水をくれ!水をくれ!と、
多くの人がどこからか叫んでいるのが聞こえてくる。

ふと窓の方を見ると、
大勢の兵隊さんの格好をした人がこっちを見ている。

もうみんな恐怖で声が出ない。

体が動かない。

やっとの思いで、
一人がドアを開けた瞬間、
今までの恐ろしい現象はピタッと消えた。

もうみんな汗ビッショリで顔が引きつっていた。

みんな元々いる部屋に戻った。

翌朝、民宿の人にそのことを言ったら、
あの部屋には戦時中に亡くなっていった
兵隊さんの霊魂がやってくるという話だった。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事