俺が小学校一年生の頃
後ろの席にO君って子がいた

O君は勉強も出来て
スポーツも万能で
みんなに慕われてた

あんまり友達のいなかった俺とも仲良くしてくれた

そんなある日俺の母さんが
凄い慌てて家に帰ってきた

母さん「○○(俺の名前)!
O君、ダンプカーに跳ねられたって!即死だって!!」

幼かった俺はイマイチよくわからなかった、
人が死ぬって事よくわからなかった

それから十数年後

俺は地元の大学に入学して
学生生活を満喫していた

まぁ、いつもパチンコ行ってたかな

彼女も出来た、
家の近所に住んでる人だった

ある日、俺しか居ない日があった

その日学校が終わってまっすぐ家に帰り
つい居間でウトウトしてしまった

そしたら俺はいつのまにか金縛りに遭ってた

ふと横に目をやると死んだハズのO君らしき、
いや、もう妖怪が居た

目は全部黒目で顔の半分はあり、
口は耳元まで裂けてて
歯がV←こんな感じで隙間無く生えてる、ごめんホントに上手く説明できない

背丈はO君が死んだ時くらいのままだった

俺は普段霊感は強くないが、
それがなんとなくO君だってわかった

そしてそのO君らしき物は、
いきなり狂ったように叫びながら踊った

O君「キャッキャキョキャキャッキャッキョーーーーーキ!!」

こんな感じのわけわからん叫びと、
何かもうどっかの先住民の雨乞いの儀式みたいな
ホントわけわからない踊りをしてた

もう踊りとも言えない苦しそうな感じの、
ホントうまい表現ができない

で俺は怯えて逃げ出したかったが
金縛り中なので逃げれない

そして、意識を失い、
きちんと目が覚めた

今度は金縛りもないし、
O君も居ない

あんまり幽霊とかの存在を信じない俺は、
その出来事は夢だと思ってた

ただ、引っ掛かるのは
金縛りのあの感触は確かにあった

それから数ヵ月後、
俺はそんな出来事も忘れて
家で彼女とだべってた

そしたら彼女が突然

「そういえば結構前の事だけど、幽霊みたんだ」

と言った

俺が、どんな?どんな?と興味津々でたずねると

彼女「あの日は、誰も居ない夕方だったんだけど
居間で、ついウトウトしてたの、
そしたらいつのまにか金縛りにあって
大きい黒目のバケモノみたいな子どもがいたの
その子が、(お姉ちゃん僕、空飛べるようになったんだ)って言って
体をジタバタ、もがくように踊り狂ってた」

俺はちょっと怖くなった、
そして彼女が続ける

「で気がついたら、金縛りも解けてて、
その子も居なくなったんだけど
あれ、今から十数年前にダンプカーで轢かれて亡くなった
うちの近所の子じゃないかな?」

彼女の言っていたのはO君の事だ

俺は同じ体験をしたことは言えなかった

O君はまだ成仏してないのかも知れん

なんか書いてると思い出して気持ち悪くなった

ただ、わからんのが、
彼女には

「僕お空を飛べる~」

って言ったのに対して
なぜ俺には訳のわからん雄叫びだったのだろうか

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事