私の家族が体験した話です。

10年くらい前の話なのですが、
なんとなく口に出すのがはばかられることだと思っていました。

私の実家は店舗兼家屋で、
前から見たらお店、裏に回ると家の入口、
といった感じになっていました。

自分の実家ですが、裏の入口は暗く狭いし、
知らない人はそこに入口があるということも気づき辛いらしく、
宅配便の担当者が変わるたびに、電話で

「お宅はどこでしょうか」

と聞かれるようなところでした。

ある日、両親は店舗で仕事、妹が居間にいたとき、
裏口のほうに来客があったそうです。

インターホンはなかったので、
妹が「はい」と返事をし、鍵を開けると、
ドアをガバっとあけて、
背が高くとても痩せたお爺さんが入ってきたそうです。

そして、

「社長はいるか」

と言ってきたそうです。

社長?と思ったそうですが、
自営業なので父のことかと思い、
前の店舗で仕事をしている、
ということを伝えているのにもかかわらず、

「社長はいるか」

の一点張り。

そして、妹がひるみながら対応していると、
ずかずかと居間にあがりこんだそうです。

もう駄目だと思い、
妹は家の中から店舗に行き父を呼びました。

父も見たことがない人だったようで、
社長というか、この家の主は自分だ、
ということを説明したそうですが、

「社長に会いたい、●●という人だ、
昔お世話になったのだ」

と言うばかりで、
どうも話も通じない。

そのうち母も店舗側から家に入ってきて、
妹、父、母で、
どうもこの人はおかしいと思いだしたそうです。

もしかしたら、
ちょっとボケちゃったご老人が、
間違って訪ねてきたのかな?と思い、

「とにかくうちは違うから帰ってくれ」

と言いました。

でもその老人はなかなか帰らず、

「社長に会いたい」

と繰り返したそうです。

20分ほどたっても帰ろうとせず、
仕方なしに父が、
どんどんその老人の体を押す形で玄関まで連れて行き、
なんとか靴を履かせ玄関の外に出しました。

外にはタクシーが待っていて、
どうやらその老人が乗ってきた車のようでした。

父と老人がタクシーに近づくと、
タクシーの後部座席のドアが開き、
老人もすんなりタクシーに乗り込んだそうです。

そしてドア閉まり、
タクシーは発進。

やれやれと思ったそうです。

私はこの話を、
母、父、妹の3人から、
それぞれの立場で見たことを聞きました。

妹も母も、
老人の静かながらも強引に家に入り込んできて
話が通じないところが、
不気味でとても怖かったそうです。

普段父はとても怖がりで、
怖い話の類は嫌いで、
そんな話をすると本気で怒るくらいなのですが、
父の話には、母と妹の話より続きがありました。

父だけが外まで老人を連れていく形になり、
タクシーを見送ったのですが、
ふと運転席を見ると、
タクシーの運転手は見えなかった。

というか、いなかったそうです。

そして、
その老人が乗って行ったタクシーは、
父も今まで見たことのない、
古ぼけた形の車だったということです。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事