昔、自分はよく迷子になる子供だった。

ずっと側について見ていても、
本当に一瞬、まばたきする間にふっと消えてしまうらしい。

自分ではよくわからないけれど、
そんなときにはたいてい知らない場所にいた。

妖精のいる花畑、
おばあさんが一人で住んでいる大きな家、
白い灯台やら細い路地裏やら。

でも、しばらくすれば
家に帰れるから怖くはなかった。

大きくなってから、
遠く離れた町で知らない人に

「××ちゃん?大きくなったねえ」

って言われたときは怖かったけど。

小学生になったころには、
これは普通のことじゃないんだとわかった。

でも自分ではどうしようもなくて、
あちこちに飛び続けてた。

ある日、学校から帰るときに
エレベーターから下りたら(自宅がマンションだった)、
そこがその赤い世界だった。

一面べったりした赤と黒。

いつもとは違う光景にどきどきしたけど、
すぐに帰れると思って赤い世界の自分の家に入った。

そこにあいつがいた。

走って逃げて、
追い付かれてまた走って、
気がついたらいつもの家だった。

行ったことのない、
子供の足では行けないくらい遠方の、
祖母の知人の家に狂乱状態で飛び込んで保護されたらしい。

それから、
ふらっと消えてしまう癖は無くなった。

というか全部忘れていた。

友人に、
あなたは鍵で扉で力だから私が封印うんぬん言われたときも、
はいはい厨2乙で済ませてた。

あの赤い世界にはあいつがいる。

あいつは怖い。

もうどこにも行きたくない。

おばけより、幽霊より妖怪よりあいつが怖い。

精神病だと思われてもいい。

怖いものは怖い。

ただ、赤い世界とあいつには気をつけて欲しい。

踏み込んだらいけない。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事