この前自分とA、B、Cの男4人でちょっとした遠出をしたんだ

特に目的もなく車でぶらぶらしていて
港の堤防に辿り着き、
釣りをすることになった

まともな竿はCが用意していたものしかなく、
Aは竹を竿にして俺とBは手伝ったり邪魔になったりしてた

周りにはそれなりに釣り人や家族連れもいる人気スポットのようだった

最初は全然釣れなかったが
夕方になるにつれてぼちぼち釣れてきて、
ついにはAが超大型の魚を釣り上げてしまう

なんと体長1メートル超え、
幅っていうのかな?それも30センチは超えてた

4人でなんて魚か口々に言い合うも
4人とも釣りの素人なので特に分かるわけもなく
自分はカツオだ!カツオだって!と言っていた気がする

気になった自分はスマホで検索しようと
「魚の検索」など打ち込んで
魚の特徴で種類が分かるようなサイトを探そうとした

だがおかしい…?

何度打ち込もうとしても
文字がうまく反映されないのだ??

文字が思ってたのと少しずれるというか、
「さかな」と打ち込んでも「さかは」になるみたいな

何度やってもうまくいかず、
自分がスマホの他にもっていたガラケーでも試すが同じ事に…?

魚釣りをやって手が汚い状態で他人の携帯を借りるのもアレだし、
自分のをこれ以上触るのも嫌になったので諦めた

魚はそこの地元のお店で料理してもらいおいしく食べた、
とにかく美味しかった

そして夜もふけ、
そのお店を後にし4人で階段を降りていた

携帯がうまく入力できなかったことを思い出した自分は
歩きスマホでまた魚の検索にトライする

今度は普通に打ち込めるようだ

特に一致した魚は見つけられなかったが
変な記述を見つけた

N県ではその幻の魚を釣って持ち込んできた旅人は
帰り道に地元の者で口封じをする…

いやいやここN県じゃないしと思おうとしたら
目の前が赤くなった

急に後ろから頭を鈍器で殴られ、腹も殴られた

うずくまる俺、
Bもさっきの店の親父にナタみたいなので頭を殴られ
腹に刃をくらっている

道が狭く、AとCは恐怖で動けないようだった

そして店の親父はにたにたとしている

「さっきのついったあ消してくれんかの」

親父は明るい声でそう言った

自分書いてねぇよ畜生…と思いつつ怪我を確認すると
どうやら頭から血は出ているけど
刃の部分できられた訳じゃなく
腹は刃の部分だったが
そこまで深くは切れてないようだった

仲間の誰かが消しましたぁ(泣き声)というと
親父は満足して

「そうかぁ、この事は誰にもいうなよ」

と笑顔で店へ引き返していった

自分達はもつれながら車へ乗り込み逃げましたとさ

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事