家族でとある島に旅行に行った時の事なんだけど…

左が海で断崖右が山で絶壁つー道を車で走ってたのね。

車のライトはもう付いてた時間に宿に向かってたんだけど
父が運転してて、母は助手席。オレは母の後ろの席で
(つまり海側)その隣で妹がオレの膝枕で眠ってた。

オレはずっと海の漁火を眺めてたんだけど、
妹が寝返りを打って
座席からずり落ちそうになったんで慌てて元に戻した。

すると急に母が

「ねぇ、今の…」

と言い、父が続けて

「足、あったよな…?」

と言った。

何の事だか分からなくて

車外を見たが、何も見えない。

両親に聞いても答えてくれない。

宿に着いて部屋での食事も終わり、
仲居さんが片付けてくれている時、
父と妹が風呂に行ったので
母と仲居さんで談笑を始めた。

「今日どこへ行かれたんですか?」

との問いに色々答えていた母がふと、

「○○の辺りを通った時に…」

と話を始めた。

さっきの「足あったよな」の会話があった場所だ。

母によると、
暗い道で民家も見当たらず、
停まっている車もなかったのに、
車道のガードレールのトコロに女の子と男の子が
海側を見て立っていたらしい。

そしてウチの車が通りかかる時
首だけをこちらに向けて、
ゆっくりと会釈をしたと…。

その話を聞いた仲居さんが

「ああ、あの辺は出るらしいですよ。

ハイヤー(当時これってタクシーの事だって知らなかったオレ)の
運転手なんかは夜通りたくないって言ってますよ」

とケロっと答えていたのが印象深かったな~。

ちなみにウチの父は冗談も言わないような厳格な人間なワリに
怖い話が苦手なので、
母は父の前ではむし返さなかったらしい。
(それにしても何でオレは見れなかったんだろ?)

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事