小~中学のとき。

俺は、とにかく足が遅かった。

運動会の短距離走では当然のようにビリが指定席。

正直、憂鬱でたまらなかった。

中2の運動会でも、
やる気のなさもあってスタートで滑って出遅れ、
2、3歩目で諦めモードになった瞬間、
頭の奥の方でカチッというような音がした。

そしたら突然周りの動きがスローになり、
気が付いたら全員抜ききって1位でゴールしていた。

みんな唖然、俺呆然。

結局、奇跡の走りはそれ1度きりだったけど、
それ以降、なんとなく走ること自体が面白くなって、
体育の授業でもマジメに走るようにしたら、
人並みのタイムは出るようになった。

それまで俺にプチイジメっぽいことしてたヤツが、

「見直した」

と言ってくれたのが嬉しかった。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事