これは俺が厨房の頃の話

柔道部に在籍していた俺は
ヒザを怪我していたんだ

順調に回復していたヒザにうれしくなり
山を歩きたくなったんだ

まあ山ってか山頂にある神社へ続く階段なんだけどw

その山は霊山としても有名なんだけど
そのときは何も知らんガキ

部の監督に断って
山に行く許可をもらったんだ

時刻は夜の7時過ぎ、
夏だがもう暗かった

歩ける楽しさをかみしめながら上った階段

気づいたらもう中腹にきていた

ちょいとここらで音楽でも流すか……
と思ってケータイでかけたのがマツケンサンバ

ご機嫌にまた一歩踏み出そうとしたその時

「…ぎゃー……おぎゃー……おぎゃー……おぎゃー」

ん?なんだ?と思っていたらまた追撃

「…あははは…うふふふふ」

今度は女の人の声

まずいと思って一目散に逃げ出した

すると後ろから足音がするではないか

ダッシュしながら後ろを振り向くと……
白装束の女がキリのようなものを持って走ってくるんだ

人生であんなに速く走った経験はない

人間本気になると痛みなんか忘れるんだなw

そんでもっていつの間にか学校についていました

なんとかあの女は振り切ったようだ

汗だくで道場に戻り帰ってきたことを監督に報告した

すると監督は

「お疲れさん。でも背中のイタズラはあんまり好かないぞ」

何のことかと思いTシャツを脱ぐと背中に
◎←こんな感じの的が赤茶っぽいペンキ?で描かれていました

部のやつらに聞いても誰も知らないって……

あれはなんだったんだろう

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事