当時、母、兄、私の三人で暮らしていた。

その日は休みで仕事の疲れもたまっていたので
お昼頃まで寝ていた。

そろそろ起きるか~と思い
体を起こそうとした瞬間に金縛り。

私はしょっちゅう金縛りにあっていたため、
またか~やだな~早く終われ~と呑気に考えていた。

でもいつもと何かが違う。

目は開かないからつむっているのに
なんかすごく眩しい。

そしてお腹の上にドスンっとこれまたすごい衝撃。

小さい子供にお腹の上に乗っかられて
抱きつかれてるような感覚。

さすがになんだよこれ、
いつもと違うと思い混乱していた。

次の瞬間、耳元で

「連れてっちゃうよ」

と、無邪気な可愛らしい女の子の声でハッキリと言われた。

同時に体がバッと動くようになり
一目散に自分の部屋から飛び出た。

するとちょうど兄も部屋からバンッと出てきた。

お互いに

「お、おはよう…」

と何とも言えない感じで挨拶をして、
リビングに行き
さっき体験したことを兄に話した。

そうしたら兄もまったく同じ金縛りにあっていたと言う。

ただ、兄の場合は

「一緒に遊ぼうよ」

って台詞だったそうだ。

2人して青ざめていると
買い物に行っていた母が帰ってきたので、
必死に話した。

話を聞き終わった母は

「あぁ、もうすぐ○○ちゃんの命日だね」

と言った。

これは私も兄も最低なのだが、
私と兄に妹がいることを忘れていた。

小学低学年頃、母が妊娠したが、
生まれてすぐに安楽死した妹がいた。

安楽死と言う表現があっているのか分からないが、
とにかく一応生まれたけどすぐ息を引き取ったそうだ。

そのためか、きちんと名前もある。

私や兄は妹の姿を見たこともなかったし、
そのあとまた妹が生まれたこともあって忘れていた。

その後はお墓参りに行き、
ごめんなさいと謝った。

唯一、私が体験した心霊現象?でした。

しかしなぜ私だけ

「連れてっちゃうよ」

って言われたのか…。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事