日が落ち渓流釣りを終え、
橋を渡っている最中下の河原を見ると誰かがいる。

よく見ると、顔がのっぺらぼうの白いTシャツの
胸の辺りを真っ赤にした5歳位の男の子が体育座りをしてこっちを見ていた。

「うぉっーー」と叫び、一目散に逃げなんとか車まで到着した。

ふと車の屋根を見ると、何とさっきの男の子が又体育座りをしている。

もう言葉も出ないし、体も動かない。

しかし、なにか声が聞こえる。

「お兄ーちゃん、連れて帰って・・」

と、今にも泣きそうな悲しい声でつぶやいている。

硬直し固まった僕に何度もそうつぶやく。

やがてその男の子は消えた・・

ロッドを放り投げその場を猛スピードで離れた。

恐る恐るルームミラーを見ると男の子がだんだん小さくなる・・

その時は化け物としか見れなかったが、
冷静になり時間が経過するにつれ
涙がこぼれる位切ない気持ちになった。

悲しくなった。

その後、その辺りの事故、
事件等を調べたが何も分からなかった。

数日後の昼、僕は又その場所に行き

「真っ白な子供用のTシャツ」

とおやつを河原に置き線香を焚いて、その子の成仏を願った。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事