俺が幼稚園児の頃、
当時流行ってたロボアニメのおもちゃを
父親が買ってきてくれたんだ。

で、その翌日の幼稚園の帰り、
いつも一緒に遊んでた子を家に呼んだのな。

それで、
父親に買ってもらったロボットのおもちゃを
見せびらかしたんだ。

すると、その子は
大喜びでそのおもちゃのサイレン音を鳴らし
夢中になって遊びだした。

でも俺は父親に買ってもらったばかりのおもちゃを
乱暴に振り回され腹が立ち
その子からおもちゃを取り上げたんだ。

それから結局、
喧嘩みたいになって、
その子は家に帰ってったの。

で、俺は母親が買い物に出かけてるため
家に独りぼっちになってしまった。

その時すでに夕方5時過ぎで、
外はかなり暗かったと思う。

それから、しばらくすると
さっき友だちと遊んでた2階の子供部屋から突然、
例のおもちゃのサイレン音が聞こえてきたの………

サイレン音は
誰かが持続的におもちゃのボタンを押し続けなきゃ鳴らない仕組みで
友だちはすねて帰って
俺以外、家に誰も居ないはずなのに………。

怖くなった俺は家の庭へ出て、
母親の帰りを待つことにした。

で、しばらくして母親が帰ってきたんだけど、
その時すでにサイレン音は鳴り止んでいたの………。

でも俺は母親にさっき起こった事を話し、
バット片手に母親の後ろについていき、
2階の子供部屋へ向かったんだ。

母親が部屋のドアを開けると誰も居なかったんだが、
何故か例のおもちゃのモーターのスイッチがONになってて
部屋の隅の壁めがけてずっとカラ走りしてたの……。

母親はただただ不思議そうにしてたが
俺はお化けの仕業だと思って、
ずっと怯えてたのな。

父親が仕事から帰ってきてその事を話したら

「○○君(俺の友だち)がおもちゃで遊び足りんかったんちゃうか?」
「○○君の魂だけひょっこり家へ遊びに来たんちゃうか?」

みたいなこと言われて子供心に怖かった。

で翌朝、
幼稚園でその友だちに会ったのな………

俺「きのうはゴメンな」

友だち「こっちこそゴメンな」

俺「よかったら、きのうの○○ロボ貸したろか?」

友だち「ううん、もうええわ」

俺「なんで?」

友だち「あの後、いっぱい遊んだから」

生き霊って本当にいるんだなと思った。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事