大学の同期に女の子が一人いた。

同じサークルで、結構仲よくやってた。

俺の幼なじみの友人とも気があって、
三人でいることが多かった。

それで、何の時だったか、
幼なじみと二人で昔の思い出話になったことがあった。

色々話してるうちに、
もう一人、仲の良かった誰かがいたことを思い出した。

でも名前も顔も思い出せなくて、
それでもいっしょに遊んだ記憶はあった。

なんだっけだれだっけなー
って話をしてたところにその女の子がきた。

何の話?なんて聞かれて、
幼なじみと昔話しててーって経緯を話したんだよ。

それで、幼なじみが橋から川に飛び込んでさーとか、
下り坂で自転車のブレーキ壊れて田圃に飛び込んでさーとか。

その子もニコニコしながら聞いてたんだけど、
段々怪訝な顔してきた。

それで、そう言えばあの時も
もう一人いたよなーって言ったら、

「それ多分わたしだ…」

って。

びっくりして話を聞いたら、
その子で間違いなかった。

遊んだ思い出のエピソードも、
駄菓子屋で一緒に食ったじゃがいもばっかのおでんの値段も間違いなかった。

間違いなかったんだけど、
その子はずっと東北に住んでて、
俺らはずっと中部に住んでた。

それぞれ大学で初めて地元を離れた。

俺らはどこで出会ってどこで遊んでたんだろうか。

よく分からないけど、今も仲は良いです。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事