どこで話しても
「夢でしょ」
「酔ってたんじゃない?」
で終わる体験談。

去年の冬、
ひとりでファミレスでメシ食ってたら家族連れが入ってきた。

何故か物凄い違和感感じて
その家族連れを凝視してて、
あることに気付いて震えた。

それは、俺が小学生くらいのころの俺の家族だった。

親父も母親も若いし、
俺も弟も無邪気な小学生の頃の姿。

そして店員に案内されて奥の席方に消えてった。

この店は札幌にはよくある『とんでん』て寿司メインのファミレス。

子供の頃は家族でよく行ったんだ。

無性に気になり、
その俺の過去の家族を見に席のほうへ行ってみた。

普通に雑談してて、ホント他人が見たら、
服装が少しレトロな普通の家族にしか見えないだろう。

しばらくトイレのとこで観察(なるべく不自然に見えないようにと)してたら、
小さい俺がこっちに来る。

トイレなら話すチャンスだ…と思い、
心臓バクバクで待った。

思惑通りトイレに入ったので、
俺もさりげなく入った。

俺「今日は寒いね」

小さい俺「え、あ…はい寒いですね…」

俺「いつもここ来るの?」

と言いかけた所で、
違う違う俺が言いたいのはそんなことじゃないと思い直し、
本当に伝えたい事を言った。

「ねえボク、キミのお父さんはね…
キミがもう少し大きくなったら遠くへ行っちゃうんだ。(死別)
そしてね、その後に新しいお父さんがやってくる。(義父と母が結婚する)
どちらも良いお父さんだ。
キミにとっては辛いことかもしれないけd…」
とかグダグダ(子供には理解できなかったろう)

そんな話をグダグダやってる俺を不審に思ったのか、
小さい俺は、

「知らない人と話しちゃダメって言われてるから…」

と言ってトイレを出てった。

ああ…もっと色々伝えたかったな…と思いつつ、
さっき俺の過去の家族がいた席を見ると、
全く違う家族でもなくカップルが座ってメシ食ってた。

驚き店員さんに話してみたら、

「家族連れ…ですか???
いえ、あそこはずっとあのお客様しか…」

夢か…疲れてんのかな…とかすげー考えた。

でもホントに俺の家族だったんだ。

小さい俺もホントに話したし、
録音しておけば良かった。

なんて色々考えながらその日は帰って悶々としてた。

そして先々月くらいにまたそのファミレスでメシ食ってて、
急に思い出したんだ。

「そういや小学生の頃変なお兄さんとトイレで話した!」

ってさ。

何で急に思い出したのはわからんが、
確実に記憶として残ってる。

そのトイレでの出来事も、
当時親父や母親にすぐそのファミレスの席戻って話したんだよ。

案の定

「知らない変なオジサンとあんまり話したりしたらダメだぞ」

って怒られた。

何かオチもグダグダで申し訳ないんだが、
本当に体験した話。

今でも思い出すとメルヘンチックな気分になる。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事