中学生の夏休み
夜遅くまで起きてるのが楽しかったから
毎日朝方までネットとかゲームしてた

ある時早起きする予定があったから

「寝なくちゃ」

そう思って布団にもぐって、
目をつぶると耳鳴りみたいな…
眉間が痛くなるような感覚があった。

目を開けるとなくなって、
閉じるとまたキーンとなった。

その時はもう、
日も昇りはじめてたから
怖いとかそういう感覚はなかったので、
キーンとなる耳鳴りを無視して寝た。

そしたら、夢を見たんだ。

初めは学校の友達とかと遊んでたような
楽しい夢だった気がする

けど気がつくと
自分の家の洗面所にいた。

夢の中で
鏡がみたいな~と思って鏡を見ると
鏡全体が曇っていて何も見えない。

なんだよ…と洗面所から出たけど、
どうしても顔を見たくて
また洗面所に戻ったら
曇りが少しとれて自分の顔が写った。

真っ赤に焼けただれたような顔だった。

思わずヒッと驚くと、
鏡の曇りがすべてとれて顔も普通だった。

ただ、
家の洗面所の壁は白なのに
鏡に写る自分の背中の壁は真っ黒だった。

わけもわからず振り向いたら、
赤黒い焼けたような赤ん坊が
髪の毛を壁一面にベタベタと貼り付けてた。

夢の中だけど

「これはやばい」

って洗面所を飛び出したら
明るい景色に変わって、
見知らぬ和室だったけど、
遠くに現実に自分の部屋に貼ってあるポスターが見えて

「あ~もう大丈夫…

」って思った瞬間左目の端にさっきの赤ん坊が見えた。

やばい!っと思ったときに目が覚めたら
案の定金縛り。

タオルケットをかけて寝てたんだけど
お腹の上に何かいた。

直感でさっきの赤ん坊だ…と思って
よくわからないけど南無阿弥陀物なんて唱えて
ひたすら目を閉じてたんだが、
どんどん重みが首の方に近づいてきて、
パニックになってとにかく何か意味不明に唱えた。

タオルケットから出てくるって所で
重みもタオルケットの膨らみも消えた。

母親に泣きついたが、
寝ぼけたんだろう、で流されたけど
少し後日談があって正直、
そういう霊?とかの類なのかもしれないと思って
しばらくノイローゼになって眠れなくなったよ…

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事