父が通っていた中学校の話。

その中学校の男子トイレには、
ひとつだけ使用不可能な個室トイレがありました。

別にいわくつきというわけではなく、
ただ単に故障していただけなんでしょうが、
そのトイレは『開かずのトイレ』ならぬ
『閉まらずのトイレ』と呼ばれていました。

誰も使わなかったので鍵をかけられることがなかったために、
そんな名前が付けられたそうです。

ある日の休み時間、
父のクラスメートがクラスに入ってくるなり

「閉まらずのトイレに人が入っている!!」

と言ってきました。

そのトイレが故障していることはみんな知っていたので、
面白がって父と友人数人で見に行くことになりました。

行ってみると
確かにトイレのドアが閉まっていました。

みんなで

「ここでしても流せねーよ」

「コイツ誰だろう?」

みたいな話をしていると、
鍵が開いて中から人が出てきました。

その恰好が真夏にもかかわらず、
帽子、コート、手袋、ズボン、マフラーの全身黒づくめで、
物凄い目でギロッと睨んだ後、
トイレを出て行きました。

みんなで
「誰だ?」みたいな話をしていると、
一人だけ様子がおかしい奴がいました。

そいつは、最初に
『閉まらずのトイレに人が入っている』と言っていた奴です。

どうしたのかと聞いてみると、
彼は震えながら話し始めました。

実は、あのトイレには誰かがいるはずがない、と。

彼はみんなをからかってやろうと思って、
閉まらずのトイレの内側から鍵をかけて、
トイレの壁を登り隣の個室から出たそうです。

では、一体あの個室から出てきたのは誰だったのでしょうか?

その後、しばらくしてそのトイレの鏡が外されたそうです。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事