中学のときの担任から聞いた話。

ある山の中腹に墓地があった。

そしてその墓地を移転させて
そこに学校を作った。

やがて工事も無事終わり何年かたったころ、
ある先生が当直をしていた。

よる見回りをしに上の階にあがるとき
何気なく階段の数を数えたらしい。

「1、2、3、・・・・11、12、13。13??」

13段なんて不吉だなあ、
と思いつつその階の見回りをした。

そして下の階に戻るときまた階段の数を数えた。

やっぱり13段ある。

気味が悪いので
その先生はさっさと寝てしまった。

次の日、
昼間またその階段を通るときに数えてみると14段だった。

不思議に思ってまた数えたが
確かに14段だ。

その先生は不思議だと言って同僚たちにその話をしたが、
そのことについては結局よくわからなかった。

それからまもなくその先生は急死したそうです。

この話を聞いてからは、
絶対階段の数を数えないようにしています。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事