深夜12時に帰宅すると、
マンションの隣室前にオレンジ色のブードゥー人形が置いてあった。

『落ちていた』という感じではなく、
ドアの真ん前5cm程の所に、
室内から見ると大の字になる向きで『置いて』ある。

しかも紐部分が取れて無い。

人形本体のみ。

午後7時半頃に出掛けた時には無かったのに。

そういえば、
今までも隣室前には度々変な物が落ちていた。

大きな甲虫が1週間毎日とか、
泥だか糞だか判断しかねる物が3日連続とか、
ビニール袋に入ったグレーの布(に包まれた何か)とか。

ブードゥ人形が置いてあって以来、
隣室前に妙な物が置かれるのは無くなった。

しかし3ヶ月程たった頃、
隣人は夜逃げしてしまった。

亡くなったという噂も囁かれたが、
真相は分からない。

借り主のいなくなった隣室に清掃業者がやって来た。

その様子を見ていたマンションの住人によると、
窓と言わず換気扇と言わず、全ての穴や隙間が塞いであり、
まったく換気されないせいで部屋中黒カビで酷かったと言う。

最近はほとんど外出もしていなかったらしい。

何かに怯えていたかの様な隣人の様子に、
あのブードゥ人形を思い出さずにはいられなかった。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事