父に聞いた実話です。

怖いと言うよりありがちな、
不思議な話だと思います。

父が独身だった頃、
他県で一人暮らしをしながら会社勤めをしていたらしく、
思い詰める事が多かったので瞑想等にはまっていたそうです。

そのせいか金縛りも多々。

そんなある日、
ずっと会っていない親戚が出てくる夢を見ました。

夢の内容は、
親戚(男)と父でレストランで

「久しぶりだな~」

なんて取り留めのない会話をしていると
外にとめてある青いバイクに気がつきました。

「あれ、お前バイク買ったの?」

「そうそう」

へえ、と思いながらも会話を続けていると
黒電話の音で目が覚めました。

何か嫌な予感がしつつも、
父は受話器をとりました。

相手は母親でした。

「もしもし?」

「父?さっき親戚の○○君が亡くなったって……」

死因はバイク事故でした。

そしてバイクの写真を見せてもらうと、
あの青いバイクと全く同じモデルだったそうです。

父はあれ以来瞑想もやめ、
不思議な体験もしていないそうです。

元々霊感も無い体質でしたからね。

父は

「波長が合ったんだろうなあ」

と語っています。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事