この間東京に用事があって行ったんだよ。

片田舎からの上京なので
朝一の高速バスに乗って、
9時頃に新宿駅に着いて。

で、
その途中にトイレ休憩もあったんだけど
眠くてずっと寝てたのよ。

そしたら、
新宿駅に着いたころには
限界に近くなっちゃって、
ケツ閉めながらバス降りて
新宿駅でトイレ探したんだけど
なかなか見つからないのな、あそこ。

ようやく「TOILET→」みたいな表示を見つけて
やったと思ったらまだそこにはなくて
「↑TOILET」「←TOILET」みたいに
色々迷路みたいに歩かされたんだ。

さすが新宿駅だけあって
朝9時で店あまりやってないのにものすごい人混みで
まっすぐ歩けないほどだったんだけど、
その表示の通りに歩いていったら
いつの間にか壁と壁の隙間みたいな狭い通路に案内されて、
人も誰もいなくなった。

その頃には俺の肛門は限界寸前だったが、
細い曲がり角を曲がったところで
ようやくトイレを見つけた。

よし間に合った!と思ったが、
トイレの入り口の前で1人待ってる人がいる。

うわーこんな奥まった所のトイレなのに順番待ちかよ。
さすが新宿駅だな、なんて思ってたら
その待ってる人が

「あ、お先にどうぞ」

って通してくれた。

え?なんで?と思いつつ
肛門爆発寸前だったので

「あ、すいません」

といい猛ダッシュで個室へ。

洋式の便器に座ると同時に放出。

ふう、何とか間に合ったか、
と冷静になってあれ?と思った。

「お先にどうぞ」

って、
個室が空いてるのに
さっきの人は一体何を「待ち」してたんだ?

しかも個室は俺が今入ってるのを含め2つ、
どっちも空いてたのに
あいつは何を「待って」たんだ?

次の瞬間、
閉じたドアと壁の3mmくらいの隙間から
刃物がスッと差し込まれた。

寿司屋が使うような柳刃包丁が
スッと差し込まれたかと思うと、
隙間を上下に思いっきりガチャガチャし始めた。

閉まってる鍵の部分に当たってもおかまいなしで
ガシャガシャグサグサ刺しまくってくる

俺はあまりのことに震え上がって
便座の上で膝抱えてじっとするしかなかった。

そのうち、包丁は反対側の隙間、
下の床とドアの隙間からも差し込まれて
上下左右に暴れまわったが
ギリギリ俺の体には当たらずに済んだ。

しばらくすると包丁は引っ込み、
物音ひとつしなくなったんだが、
俺は恐ろしくて5分くらいは
そのまま便座の上で固まってた。

その後、思い切って
俺はドアを勢い良く蹴って開けたんだが
もうそこには誰にもおらず、
絶対さっきのあいつだと思って警察に通報したのだが
状況証拠も何もなく被害もないので
そのままうやむやにして流されてしまった。

やっぱり東京って怖いわ。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事