日本には、
鬼の子孫を名乗る人々がいるという話

奈良県吉野郡天川村に存在する『天川弁財天社』、
通称「天河神社」の宮司を務める家計は鬼の子孫だという

しかもこの鬼というのはそこらの鬼ではなく、
修験道の開祖である役行者が使役した
前鬼・後鬼であろうそうだ

この神社の開祖は役行者その人であり、
その役行者が使役していた夫婦の鬼・前鬼後鬼の子孫が
代々の守り人を任されている

現在こそ柿板氏が宮司となっているが、
明治以前は井頭氏という一族も宮司を務めており、
やはり鬼の子孫だという

この神社の面白いところは、
節分行事として「鬼の宿」という行事が
毎年2月3日に行われていることである

この行事では、通常のように

「鬼は外、福は内」

という掛け声は用いず、

「鬼は内、福は内」

という掛け声を用いる

「鬼は内」という掛け声を用いる節分行事は
鬼子母神なんかを祀る神社には結構見受けられるが、
鬼の子孫による鬼を迎え入れるための節分行事は
ここ天河神社をおいて他に例を見ない

ちなみに、
節分で追い出された鬼を
かくまっている地域なら結構ある

群馬県藤岡市や、
茨城県つくば市鬼ケ窪がそうである

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事