祖母ちゃんが子供だったときの体験談を教えてくれた。

夏休みに田舎に行って遊んでいたら、
親におつかいを言いつけられた。

てくてく歩いて河原に出たら、
子供がしゃがんで石を手に遊んでいるのを見かけた。

近づいてみたら、鬼の子だった。

頭のてっぺんが禿げているように見えたのが、
肉が盛り上がって角になっていたそうだ。

しかし怖さよりも、
格好のみすぼらしさに、
かわいそうだって思いがわいた。

着ている物が襤褸なんてものじゃなく、
ムシロを体に巻き付けているようで、
腕も足も垢まみれなんだか、
火傷のような赤汚い色なんだそうだ。

そして、
祖母ちゃんが近づいて来たのに気がついたようなんだけど、
意地でも見てやるもんか、という感じで顔を上げず、
石を積み上げたり崩したり一人で遊んでいた。

祖母ちゃんも声をかけようか迷ったんだけど、
従兄の

「道で猫の死体を見ても、
可哀想だなんて思っちゃダメだぞ。
ついてきちゃうぞ」

という言葉を思い出し、
その場所を立ち去ったんだと。

日にちが経っても忘れられず、
お寺のお坊さんにそのことを相談したら、

「そうだよなぁ、ついてこられたら困るよなぁ。
しかしな、仏様なら大丈夫だ。
子鬼だろうが大鬼だろうが、人に悪さをせず、
仏様について行ったら極楽に行ける。
人間なら猫の霊でも鬼でも大変だけど、
仏様ならどれだけ来ても、ちゃーんと助けてくれる。
その鬼の子が極楽に行けるよう、お祈りしてあげような」

と言ってくれ、
五分くらいご祈祷してくれた。

そしてお守りをくれて、

「こんどまた鬼や霊を見ることがあったら、
このお守りを見せて、この仏様のところに行け!って言いなさい。
ちゃんと大声で、はっきりとした声で言うんだ。
そうしたら大丈夫。その鬼もつらい思いから助かるよ」

しかしそれから、
そのお守りとかけ声を使うようなことには遭わなかったそうだ。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事