今から2年位前の夏。

会社が夏休みで、
連日ベッドの上でマンガを読みながら
ゴロゴロと昼寝をする毎日でした。

その日も、
いつものようにマンガを読んでるうちに眠っちゃってた。

ふと目を覚ましたら、
目の前に茶色くて小さい鬼みたいのが何匹か動いていた。
(10センチ前後の大きさ)

鬼と言うか、
百鬼夜行をしてる魑魅魍魎みたいなヤツ、
って言った方がイメージ的に近いかも。

で、それが私の目の前を通り過ぎて、
隣で添い寝をしてた犬の方へ近づいていってた。

その時、私は寝ぼけてたせいもあって、

『私の犬になにしてくれる』

とばかりに、
魑魅魍魎っぽいのをむずっと掴んで、
ポイっと自分の口の中へ入れて、
また眠ってしまった。

それから数分だか数十分たった時に、
モーレツな腹痛に飛び起きてトイレにGO。

トイレの中で人生最大の腹痛にのたうって、
本当に気を失いそうだった。

でも、そこで気絶なんかしたら、
お尻まるだしで母に救急車を呼ばれてしまう。

てゆーか、拭いてないし!

仮にも嫁入り前の娘だし、
そんな恥をかくのは嫌だ!

と、それだけを念じて、
七転八倒の痛みに耐えた30分。

やっと痛みが治まって、
トイレから出てきた時は、
着ていたTシャツが汗でびしょ濡れだった。

脱いで絞ったら、
汗がダバダバーと搾れた位だったよ。

あれはたんに寝ぼけてたのか何なのか、
今でも思い出しては不思議感じがする。

当時、病院に通院していた病持ちだった犬は、
今は元気に自宅で会社から私が帰ってくるのを待っている。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事