以前、友人がこんな話をしてくれた。

友人は幼いころ、
毎年夏休みを父方の田舎で過ごした。

滞在中は、
おじいさんと散歩に出るのが日課だったそうだ。

その日もいつもの散歩道を二人で歩いていたのだが、
ちょうどさしかかったおじいさんの田んぼの中に、
目に留まるものがあった。

7月のおわり頃の一面青々とした水田の中で、
一本だけ黄金色に色づいた稲穂を見つけたのだ。

それは田の中心付近にあり、
他よりも穂先一つ分高くてよく目立ったそうだ。

不思議に思ってたずねると、
おじいさんも気付いていた様子で、

「ああ、そうだなあ」

と何でもない風に言う。

その返事に拍子抜けしかけているとおじいさんは、

「ちょっとここで待っていろ」

と言って、
田んぼ脇の物置小屋で長靴に履き替え、
水田に分け入り件の稲穂を摘み取ってくると、
次のように語ったそうだ。

通常稲の実る時期よりも早く、
一本だけ色づいた稲穂が出ることがある。

それは必ず田の中心付近に、
他を見下ろすように生えるのだという。

その穂先には確かに実が詰まっているのだが、
その稲を放置しておくと、
どういうわけか周りも同じように早々に色づき、
しかしそちらには全く実がならないのだそうだ。

話を聞いた友人がおじいさんに

「その稲は悪いヤツなの?」

とたずねると、
おじいさん曰く、

「どちらかというと、
周りの方が身の丈に合わないことをしてしまうんだよ」

と言って笑っていたそうだ。

ちなみに、
食べると長生きできるらしい。

確かに友人のおじいさんはかなりの健康ご長寿さんだ。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事