中学の修学旅行で、京都に行った。

女子の部屋は恋愛話で盛り上がり、
寝たのは深夜2時半頃だった。

自分は枕が変わるとなかなか寝付けないタイプで、
3時過ぎまで「眠いのに眠れない」状態だった。

やっとウトウトし始めた時、
隣に寝ていた子がモゾモゾと動き出した。

「…、大丈夫…、…違うけど…」

ごにょごにょと寝言まで言い出した。

あ~、また眠れなくなっちゃう!
と耳を塞ごうとした瞬間

「6時半ですね。はい、わかりました。気をつけます」

と、彼女がはっきりと言った。

寝言なのに、
冷静でかしこまったような口調に
意味もなく鳥肌が立った。

翌朝、6時に起床した私達は
眠い目をこすりながら布団を畳んだり、
着替えたりしていた。

今日の予定などを楽しくおしゃべりしていると、
突然外から

「ボンッ!!」

と謎の爆音。

びっくりして部屋のカーテンを開けると、
ホテルの前の大通りで車が炎上していた。

当然、私たちはパニックになり、
教師の元へ走って行った。

聞こえてくるサイレン、
ホテルのアナウンス。

とりあえず落ち着こうと、
友達の手を握る。

昨夜寝言を言っていたあの子の手だ。

「…6時半、ぴったり。」

彼女はそう言ったあと、
驚いている私を見て苦笑いした。

15年経った今でも友達だが、
あの時の事を聞いてもただ微笑むばかりで
何も答えてはくれない。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事