【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。

2016年11月



当時小学校四、五年だった俺は
ひいおばあさんの葬儀のため、
おばあさんの実家に行った。

俺が物心ついてから、
よくおばあさんはその実家に連れて行ってくれていたため、
ひいおばあさんとも仲が良かった。

だから俺は凄く落ち込んで
葬儀の後に一人裏山の畑横の道を
ススキを手折りながら歩いていた。

気付くとむこうから巫女さんの様な格好をした…
赤であるべき部分は青っぽい黒だったけど、
そんな変な女性が歩いてきた。

そして俺の前で止まり軽くお辞儀をした。

俺は知らない人だったけど
とりあえず「こんにちは」と挨拶をした。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



友達の家に、
大きなピエロ人形がかざられているの。

その人形はもう亡くなられた友達のおばあちゃんのかたみなんだって。

友達もとっても大事にしていたよ。

でもね、それは今では神社でおまつりされているんだよ。

そう、あれは今年(2003年)の7月ごろだよ。

私は、友達の家に行ったの。

インターホンを押して、
大きなピエロ人形を大事そうにかかえた友達がでてきたの。

友達はね、ずっとずっとその大きなピエロ人形のことを話してたの。

もちろんその大きなピエロ人形をかかえたまま。

話聞いてるだけじゃつまらなかったから、
ずっとピエロ人形をみつめてた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



昔、子供の頃、
オカルト大好きな時代があった

それに劣らず悪戯も大好きだった俺は、
ある計画をたてた。

わざと呪いの絵っぽいのを描いて、
お札(趣味でコレクトしてたw)貼って呪われてる感じを演出、
それを蔵にさりげなくしまって置いて、
家族を驚かそうというものだ。

ちなみに画家志望だったりしたので、
結構本格的に描いた。

でも、家族に見せる前に絵が蔵ごと消えた。

むしろ家ごと消えた。

俗に言う関東大震災の被害である。

地震は恐ろしい。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



どこまでマジかわからんが書いてみる(ソースは専門学校時代のクラスメート)

そいつの友達の兄貴がちょっとDQNで、
夜に校舎忍び込んで
理科室のビーカー盗んだりするような人だったらしい。

まだセコムなんてない時代だ。

で、
ある日友人ABとBの彼女を連れて忍び込んだんだが、
何かおかしい。

侵入方法は、
校舎裏に回り込んで鉄製はしご登って屋上までいって、
あらかじめカギ外しておいた屋上のドア開けて、
そっから・・・という感じ。

用務員さんや教師たちもさほど気にしてない様子で、
そこまでして入る奴なんていないだろうと。

実際、実害は過去にはなかったそうだし。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



朝、仕事に行くために車に乗ろうとしたら
フロントガラスがバキバキになって盛り上がってた

庭に兄の車、親父の車、俺の車、
って3台置いてあるんだけど
なぜか俺の車だけそんな目にあってる

しかも俺、前にも一回車上荒らしに遭ってて
その時にはカーナビとかごっそり持ってかれてた

「うっげ!んだこれ!ざっけんなちきしょあfsdlf!!」

車上2回も食らうとかドンだけ不幸だよとか思いながらも
時間なかったので兄の車で取り合えず仕事に行く

できれば警察には早めに行っておきたかったんだけど
結局仕事終わるまで行けなかった

仕事終わって彼女さんの勤める保険屋に連絡

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ