【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。

2017年12月



ちょっと前の話。

高校生だった俺は、
ボロい学生寮に住んでた。

先に断っておくが、
自殺とか殺人があったって話もなければ、
建っている場所も昔は畑があっただけっていう
オカルト要素ゼロな所だった。

その日は、深夜までベッドに座り、
壁にもたれかかって漫画か何かを読んでいたと思う。

深夜二時くらいになったところで、
急に、もたれかかってた壁のちょうど頭のとこらへんを、
向こうからガリガリ引っ掻くような音がした。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



僕が高校生の頃の話です

ある晩、先輩たちと6名で飲み会をしていると
肝試しに行くことになり
○○トンネルに行くことになりました。

そこは山の中腹にあり、廃屋があって
すぐ隣に軽自動車が一台通れるぐらいの
真っ暗な気味の悪いトンネルです。

話を聞くと、廃屋では一家惨殺があり、
その中のお婆さんが隣のトンネルに逃げたところ
犯人に追い詰められ殺されて
気が狂った犯人もその場で自殺したと言う話でした。

酒も入り初めての肝試しということで
僕はワクワクしていました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



ちょっと昔の思い出話をさせてくれ

当時は今よりずっと景気が良くて
俺の所属するチームも
会社に何日も泊まり込んでプレゼンの準備なんてことがよくあった

その日も残業で
俺はたまたまフロアに一人で寝袋で寝てた

夢を見ていた。

赤い着物の女の子が
俺と一緒に遊びたそうにしている

しきりと俺をどこかへ連れていこうとする

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



私、不眠症なので一時、
良く夜中(深夜1~3時くらい)に散歩に出たりしてたのよ。

で、大体決まったルートがあって、
コンビニに寄って雑誌とか立ち読みして飲み物とか買って、帰宅して……
って感じだったんだけど、
ある日、いつものルートを通っていたら、何か、
「タタンッ、タタンッ!」
ってリズミカルな音が聞こえてきたんだわ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



唐突だけど、俺、箱が怖い。

大きい、小さい関係なく怖い。

蓋が開いて中身が見えてればまだいいけど、
蓋が閉まっているともうだめ。

恐怖で身がすくむ。

俺が、中学の時の経験が原因。

母方の祖母の家に、
大きな蔵があった。

土蔵ってやつ。

子どもにとっては宝の山じゃん?

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ