【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。

2018年04月



高校時代、
よく私の家に友達が泊まりに来ていた。

だいたい決まったメンツで、
その日は確か三人泊まりに来た。

近くに夕飯を食べに行って、
時間は覚えてないが
結構遅い時間に四人で帰宅。

台所に私がお茶とコップを取りに行った。

2リットルのペットボトルとコップをお盆に乗せて、
部屋に戻る。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



まだ、看護師が看護婦と呼ばれていた時代だ。

当時、俺は某医科大学の看護学部の学生だった。

短い夏休みが終わると同時くらいに、
国家試験前の最後の看護実習が始まる。

俺は付属の大学病院で国家試験の前に実習生として、
主任となる看護師さんとともに
担当の患者さんを受け持っていた。

そこで俺は整形外科棟である患者さんと出会った。

今まで診た患者さんは、
老人か中年の方々が多かったが、
今回は17歳の女の子であった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



俺の住んでいる県は小学六年生になると
みんな県内で一番高い山に登るっていう風習があるんだ。

その山に登ってやっと一人前、
その山に登ることで中学生になれる、
みたいな感じだった。

当然俺が小学六年生のときも
その登山は実施された。

小学生にとっては
貴重な夏休みの二日間を費やされるので
ノリ気な奴はあまりいなかったが…。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



俺が小学生の時、
子供たちから「おかめおじさん」と呼ばれている人物がいた。

その人は、
毎日通学路の横断歩道に黄色い旗を持って立ち、
子供たちが安全に通学できるように注意する
緑のおばさんのような仕事をしていた。

そのおじさんの顔が、
ほっぺから下がふっくらしていて、
目が小さくて細く、いつも笑顔だったので、
うちの小学校の生徒達は、陰でおじさんの事を

「おかめおじさん、おかめおじさん」

と呼んでいたのだ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



九州の某県での出来事。

あれはまだ自分が中学生だった頃。

家はごく普通の平屋の一軒家。

庭もついててそこそこ広くていい物件だった。

立地も中々で、
住みやすい場所だった。

んで、この家で体験した出来事。

その日母親と弟は
地域のソフトボールの試合か何かに行ってて
自分は家で留守番してた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ