【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。

2018年08月



昔の友人の話を。

中学時代にそいつ(仮にKとするよ)含む
友人数名で遊びに行った。

背伸びしてちょっと大きな駅まで行ったんだが、
何せ田舎者のガキ。

見るものすべてが珍しかった。

そのうちの一つが、道端の占い師。

テレビでしか見たことないその存在が気になって、
みんなで占ってもらおうという事になったんだ。

んで当時、
そのKには好きな女の子(仮にAとする)がいた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



俺がまだ小学生だったころ、
近所には少々不出来というか、
今にして思えば軽度の発達障害を持っていたのであろう
一つ下のお子さんがおってね、
親同士の仲が良いので
よく俺の家で遊んでいたんだ。

その子は口数が少なく、
俺の言動に妙にちぐはぐな反応をする。

泣くところや大笑いするところは
見たことがなかったな。

そして何度となくその子が家に出入りしていく内に気付いたんだけど、
遊びに来るたびに何故か必ず、
浴室の電気を付けていくんだ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



少し前バスの運転で、
大都市と地方都市を結ぶ高速バスを運転していました。

いつも最終地1つ手前のバス停でよく話かけられるような気がして、
気配はするんですが、はっきり聞こえないし、
乗客の声が響いてそのように聞こえるのだと思って
気にしていませんでした。

それでその日もいつも通り運行していたんですが、
最終のバス停の2名のお客様(女性2名)しか残らない時がありまして。
1つ手前のバス停を通過する、
「コツコツ」とハイヒールで歩くような足音が聞こえました。

残っている2名のお客様は
カジュアルな服装だった覚えがあって、
あれ他に乗っていたかなと不思議に思ったんです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



それは、些細なことから始まった。

深夜、コンビニで買い物を済ませ、
自宅まで帰る途中に何かが落ちているのを見つけた。

よく見ると
うつ伏せのお人形。

いつからそこにあるのかは分からないけど、
服は汚れているが、
顔は綺麗だし壊れている様子もない。

ご近所の子の落とし物かと思って、
すぐ側にあった電柱にもたれかかるように座らせてあげた。

それから帰宅時に同じ人形をたびたび見かける。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



私は所謂「見える人」だ。

そうは言っても
「見える」
「会話する」
以外に特別な何かはできないが。

私が初めて幽霊とちゃんと喋った、
小学校6年生ころの話。

大抵の学校にはあろうかと思う。

学校の七不思議。

うちの学校に怪談が七つもあるのか私は知らなかったが。
私が知る話は2つ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ