【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。

2018年09月



母の話。

母は父を早くに亡くし、
十代の頃は、
いわゆる不良というやつだった。

高校生だった母はその日、
祖母は夜勤の仕事に出掛け、
弟(叔父)が部活の合宿でいなかったので、
不良仲間を数人自分の住む団地へ呼び、
酒にタバコだとワイワイ騒ぎ狂っていた。

深夜の2時を過ぎた頃、
ピンポーンと
チャイムのなる音が聞こえた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今まで誰にも話せなかったんだけど、
少し話してみる。

私の家って幽霊とかみえたりするっぽくて、
私がはじめてみたのは小学生の頃。

じっちゃんの家(山奥の村的なところ)に
夏休み帰ってたの。

じっちゃんの家は結構でかくて、
柿の木を植えていたのね。

そこに全身真っ青な服を着て
帽子を深くかぶってる人がたってたの。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



もう7、8年くらい前なんです。

従兄妹の祖母が亡くなられたので、
私はその家の手伝いに駆り出されました。

私とは関係の薄い、
いわゆる姻族の方です。

従兄妹の祖母とは、
おそらく会ったことはない。

もしかしたら2、3回話したことがあるかもしれない、
というような認識の方だったのですが、
従兄妹には世話になっていたので、
手伝いもやぶさかではありませんでした。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



自分が小学3年生だったころの担任にS先生って先生がいた

若い先生でちょっとだらしない所があったけど
子供好きだったのか
昼休みにクラスの子供達と遊んだりする先生で
主に男子生徒に人気がある先生だった

ある日の昼休みにS先生と自分と他の2人の4人で
遊んだ後の遊具を片付けていると
校門の所に変な女の人が佇んでいるのを見かけた

ボロボロの黒いワンピースを着ていて、
右腕が丸々無かった

その女性はS先生が話しかけようとしたら
フッと消えてしまって
自分達は幽霊を見たって大騒ぎをした

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



ゴープロってカメラを買ったので、
温泉街の廃ホテルに友達と2人で車で行ったんだよ。

ホテルの駐車場に黒い軽自動車が止まっていたので、
俺の車にいたずらされても困るし、
少し離れた所に車を止めて廃ホテルへ向かった。

廃墟探索で1番怖いのは
他の廃墟探索してるグループと鉢合わせする事。

俺も友達もちょっと警戒しながら
探索し始めたんだ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ