【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。

2018年12月



中3の夏休みのとある日の昼ぐらいだったかな。

その日は昼飯を済ませ、
宿題云々も終わってたし部屋でゲームでもしようかな、と思って
俺の部屋に戻るとベランダ側の窓が閉まっていた。

「何でこんなクソ暑いのに窓閉まってんだ?」

と思って窓を閉めに行こうとしたら不思議な事が起きた。

突如、窓の方から黒い人影が
物凄い勢いで俺の方へと走ってきたのだ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



これは本当に最近の話で
俺の母親方のおじいちゃんの話だ

俺は長男として生まれて
じいちゃんにとてもよくしてもらってた

お菓子を作る工場で働いてたらしくて
16の時から死ぬほどしんどい思いをして
ばあちゃんを食わしてたんだぞ
なんて話をよく聞かされた

そんなわけでじいちゃんの家は裕福とは言えなくて
月の少ない小遣いでタバコと安い酒
図書館で借りた日本史の本を読んで満足だ
って言ってるようなおじいちゃんだった

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



「もういいかい事件」と友達と呼んでいる出来事がある。

別に事件じゃないけど。

小学生の時、
東北の田舎町に住んでいた俺は、
友達と二人で公園で遊んでいた。

突然大雨が降り出したので、
近くの駐輪場の屋根の下で雨宿りをすることにした。

公園の裏には広い雑木林と沼地があるんだが、
しばらくすると突然、
雑木林の中から子供の声で

「もういいかーい」

と聞こえた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



おれが昔働いてた職場での話。

職種は食品の卸売業、
おれはそこで配送と事務をやってた。

で、会社の倉庫があるんだが、
そこは元々ボロボロの体育館を改築して
横に無理矢理事務所を増築してくっつけたものだったんだ。

そして、その倉庫には中2階が有り、
隅っこに備え付けられた階段から登れるんだが
誰も登ろうとはしなかった。

理由はわからない。

おれは暗黙の了解的な何かかと思った。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



あえて具体的に場所特定した上で書く

10年弱くらい前の話

豊島区の椎名町駅

今は潰れたけど、
フタバ図書っていう大きな本屋の近く

ずっと何年も気のせいだったのか
記憶の混同か否かわからないことがある

フタバ図書の入口付近から椎名町駅までの間を、
たぶん4メートル近くはありそうなひょろ長い人がずっと行ったり来たりしてた

アンガールズをさらに引き伸ばした感じで、
片手がない

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ