【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。

2019年09月



今年の黄金週間におこった出来事。

俺以外の家族が二泊三日の旅行に行ってしまった。

家は結構広い二階建ての一戸建てで、
昔からあるものを親父が買って家族で住んでいた。

この家には一階と二階にトイレがそれぞれ一つずつあった。

俺の部屋は二階にあるから、
俺はいつも二階のトイレを使っていた。

その日は学校の特別補習があって、
家に帰るのが遅くなってしまった。

学校を出たのが七時半ぐらい。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



俺、中学の時は不登校で、
(今はなんとか大学まで来れてもうすぐ就職だけどね)
中学二年から一年くらい学校に行かなかった時期があった。

なんか不思議な感じがする学校でね。

放課後、皆で教室で喋ってたら、
急に静かになって教室には誰もいない。

知らない間に自分ひとりなんだ。

なんというか…
朝から晩まで常に夕焼けみたいな感じがする雰囲気だった。

友達とかは全然そんなこと感じないって。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



小さい頃、
友達の家に遊びに行ったんだ。

そいつの家は本の虫一族で、
部屋の一つが巨大な本棚だった。

そいつに

「面白い本が何か無いか?」

と聞くと、
そいつは先ず、
一冊の本をそいつの胸元ぐらいから引き出して、
その本の内容をパラ見してた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



先日、次男坊と二人で、
河原に蕗の薹を摘みに行きました。

まだ少し時期が早かった事もあり、
思うように収穫がないまま
結構な距離を歩く羽目になってしまいました。

視線を常に地べたに置き、
河原を舐めるように見回しながら歩いていると、
突然私の眼に飛び込んで来た物は、
まるで目と鼻の先に毒ヘビでも見つけた様な衝撃がありました。

それは、木の切り株と表現するにはまだ細すぎる、
直径6cmほどの斜め一刀両断にされた若木でした。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



携帯にまつわる話。

俺の携帯の番号は080-xxxx-xxxxっていうのなんですけど、
機種変してすぐは090-xxxx-xxxxだと思ってて、
彼女にも090-xxxx-xxxxって教えてたんですよ。

で、教えてしばらくたったのに、
もちろん全然電話かかってこないわけですよ。

おかしいと思って、
彼女に電話くれよって言ったら、

「え?普通に電話してたじゃん」

と言われました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ