【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。

タグ:洒落にならない怖い話



オカルトかどうかわからんけど
自分の名字の由来の話。

田舎の方に行くと、
地域に同じ苗字の家が密集してる集落なんてのは割とよくあると思う。

そんで俺の住んでた地域も
2、3種類の名字が大半を占めていてました。

あ、申し遅れましたが
俺の名字は『末吉』です。

よく『すえきち』と呼ばれますが
『すえよし』です。

九州の方に割と多い苗字みたいですが、
九州出身ではないです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



家系の因縁かもって話、怖くはない。

私は今まで車に轢かれたことが2回ある。

1度目は前方不注意の車が横から突っ込んできた。

ブレーキとアクセルを踏み間違えたらしく、
ぶつかった時に車のフェンダーは歪み、
ナンバープレートが外れて飛んでいく程の衝撃だった。

2回目は自転車に乗ってる時に後ろから追突された。

車は結構なスピードを出していたようで、
ぶつけられた勢いで私はぶっ飛び、
近くの民家の窓に頭から突っ込んでガラスを大破させた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



仕事の話。

今から20年近く前だけど、
大学生だった頃にサークルの先輩に、

「君は将来、電気関係の仕事に就くと思う」

と言われたことがあった。

霊感が強いことでサークル内でも有名な人だったけど、
さすがに法学部所属の俺が電気関係ってのは無理がありすぎる。

そもそも、俺は理系分野が全般的に苦手だし。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



俺の家には何もないが、
趣味で郷土史研究やってるもんで、
聞き取り調査などで旧家、
豪族や地侍の子孫を訪ねることもよくある。

オカルトかどうかはわからんが、
『不思議な話』は結構耳にするね。

ある戦国期の城主の子孫を訪ねたときのお話。

御当主は亡くなっていて、
60代の奥さんが迎えてくれた。

いろいろ古文書を見せてもらったが、
女性だからかあまり自家の歴史に詳しくはなく、
こちらにいろいろ聞いてきた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



正月に父方の親戚一同集まって気づき、知ったこと。

私は三人姉妹で、
従姉妹も二人姉妹と三人姉妹が二組づつという女だらけ。

そして父は四人兄弟、
父の従兄弟も二人兄弟と、男だけ。

父方の祖父は婿養子で、
祖母と祖母妹が健在。

あと四人姉妹がいたそうだ。

ちょうどひと世代ごとに
どちらかの性別しか生まれていない状態。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ