【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。

タグ:洒落怖



動物霊をご存知だろうか。

その名の通り動物の霊なのだが、
民間伝承でもよく知られているものは狐狸の類であろう。

これらに限らず、
特に畜産や水産に関わる動物への信仰は強く、
墓や碑も多く存在する。

これは、その動物霊に関する話である。

私が幼少時代に育った村では
当時から米や果物の生産が盛んだった。

今でこそ極力殺傷は控えるものの、
その農作物を荒らす猿や猪を駆除することがあった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



これは俺がちょっとした病気で
1カ月ほど入院してた時の話だ。

当然のことながら、命にかかわる病でもないし
政治家の先生でもない俺は
個室ではなく大部屋で1カ月を過ごすことになった。

すると、
自然と同じ病室の人と仲良くなったりするものである。

俺は隣のベッドの69歳の老人と
よくおしゃべりをするようになった。

老人の名前を「渡邊」とする。

ある日、渡邊さんが着替えてると、
俺は渡邊さんの体に傷のようなものがあることに気付いた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



6~7年位前ある工場で働いていた時の話。

その時俺は勤務したての試用期間だったんだけど、
工場内での足音&物音は頻繁にあった。

そして上司や先輩などからは

「でるからwそれでやめてったのも一人いっしw」

とか普通に言われてた。

3ヶ月の試用期間中に
足音&物音を聞きまくってた俺は
なんか慣れてきて姿さえ見なけりゃ大丈夫だなとか思ってた。

んで、試用期間も終わって5ヶ月くらいした頃。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



まず最初に、
私には「霊感」という物が全く無く、
またそういった類の物も信じてはおりませんでした。

「見える」という友人から霊の話を聞いていても、
自分に見えないと存在が分からないし、
また友人が私を怖がらせようとしているだけだと思っていました。

しかしそんな私の考えを
根底から覆す事件が起きてしまったのです

十年程前の話でしょうか…

当時私の仕事は忙しく、
休みがほとんど取れない毎日を過ごしていました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



夏が近くなると思い出すことがある。

中学生の時、ある夏の日のことだ。

俺は不思議な体験をした。

夏休みを迎えて、
同世代の多くは友達と遊んだり
宿題をやったりしていただろう。

俺はというと、
サッカー部の試合や練習で、
頻繁に色んな場所へ遠征していた。

サッカーのほうは、
お世辞にも上手いとは言えず、
多忙な練習にやる気も薄れかけていた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ