【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。

タグ:洒落怖



これは私が勤める病院での出来事です。

その日私は夜勤のため夜、
病院へ出勤していました…

その日、夜遅くに急患で
妊婦が運ばれて来ました。

その妊婦は私が外来で
何度か顔を見かけたことがある女性で、
私の記憶だと妊娠8ヶ月・妊娠の経過も順調だったはずなのに…

どういう訳か誰が見ても様子がおかしく、
顔色が悪く呼吸も乱れ
意識もありませんでした。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



夏の出来事。

母の実家のある新潟に一緒に帰省した。

ここはど田舎なのでなにもすることがなく
暇をもて余していた。

とりあえず車でふらついてみるかと
ドライブへ1人ででかけた。

ふと気づくと山道になっていた。

俺は調子にのって
下手糞なドリフトをして峠を楽しんでいた。

しばらく走ってコーナーを曲がった時
いきなり人が飛び出てきた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



彼女と京都に旅行した時の話です。

市内観光やお寺などを回り
宿についたのは夕方6時ごろでした。

夕食と入浴を済ませてくつろいでいると、
女の人が泣いているような声が聞こえて来ました。

私達は疲れていたせいもあり、

「隣の部屋の人の声が聞こえているんだなー」

くらいに思って布団に入りました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



昔、喫茶店で会社の同僚から聞いた話。

K氏(同僚)は若い頃、
すすきのの飲食店に勤めていた。

ある早番の日、
同じく早番だった職場の先輩と、
仕事上がりに飲み屋に寄った。

K氏も先輩も酒好きだったので、
日が変わる前に店を出て、
先輩の家で本格的に飲もうとなった。

先輩氏のアパートは、
創成川という川沿いにあり、
すすきのから歩いて程近い距離だったので、
二人で川沿いを歩くことになった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



私の知人に、山田(仮名)という、
マタギと言うか、猟師の男がいた。

専業の猟師ではなくて、
本業を別に持っている、
季節限定猟師だ。

私と彼は仕事を通じて知り合ったのだが、
身元が割れると嫌なので、
私の職業と彼の本業は伏せる。

地名も伏せる。

冬になり、
山田が連絡をよこした。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ