【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



学生の時、寮に住んでいたんだけど、
一年生の頃そこで『変な落書き事件』というのが発生した。

事の起こりは夏休み前。

みんなで寮内大掃除をした際、
複数の部屋のドアに『シネ』という落書きがついているのが発見された。

小さい字でエンピツ書きで、
ドアの隅の方5センチ四方くらいにビッシリと。

4割くらいの部屋のドアに書かれていて、
みんな気持ち悪がったんだけれども、
いたずらだろうとその時は無理やり収束。

ところが夏休み明け、
帰省した人が帰ってくると、
またその落書きが書かれているのが発見された。

今度も4割くらいの部屋のドアに。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



ある精神科医が、
重症の患者を治療していた。

その患者は若い僧侶である。

彼は

「この世の真実を知りたい」

と各種の修行を積んだが、
悟りを開くことができなかった。

そして、思い悩むうちに
ノイローゼになったのである。

その精神科医はある日、

「この世の真実なんて知らない方がいいですよ」

と言った。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



一昨年の話なんだけど。

朝見たら、
玄関先にキノコが置いてあった。

よく考えずに、すぐ前の川に捨てた。

一週間ほどして、
今度は木の実みたいのが置いてあった。

これも前の川に放り込んだ。

また一週間ほどして、
アケビの実が置いてあった。

今度はさすがに考えて、
試しに家に持って入ってみた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ