【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



パラレルワールドとは違うかもだけど、
小学校3年の時の不思議な出来事。

人に言えず胸にしまっていた事をここに書かせてもらいます。

休み時間にトイレに行って戻ったら教室がもぬけの殻。

次は体育で体育館集合と聞いていたから、
遅れをとったのかと焦った。

急いで着替えようとしたが、
いつもなら着替えのあとが机の上に散乱しているはずなのに、
どの机も上に何もない事に気づいてそのまま体育館に向かった。

休み時間だと思っていたが廊下に人がいなくて、
授業が始まってしまっているんだと超焦った。

体育館の重い扉をあけると誰もいない。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



子供にせがまれ、
フルーツキャンディのアソート袋の中から
手探りで掴んだ個包装の飴。

「赤っぽいな」と思ったらイチゴ味、
「黄色」と呟くとレモン味、
その後もブドウやメロンなど次々色当てした。

子供も夫も

「ママすごい」

と言うのでやらせてみたら、
全員ほぼ100%当て、
本人たちも驚き。

皮膚にも色を感じる機能があるとの話は本当かもねーと、
家族で盛り上がった。

…という話を職場でしたら、
その場にあったカラフルグミで試すことに。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



これは母から聞いた話です。

私の家は小さな貸家を持っていました。

しかし私が高校生になる頃には
老朽化で賃貸をあきらめ
鍵をかけたまま放置していました。

いわゆる開かずの間状態ですね。

ある日の昼下がり母は換気の為に
勝手口の鍵を開けて貸家の中に入りました。

その日は快晴だったので室内も明るく
蛍光灯を点ける必要もありませんでした。

次に玄関を開けようと思い
その途中にある居間を通り抜けようとしました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ