【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。

カテゴリ: 洒落にならない怖い話



前に牛乳配達のバイトをしてたときの話。

他の地域では違うかもしれないけど、
俺のとこでは朝3時に宅配センターに行って牛乳をもらい、
6時までの間に原付で配達する。

新聞配達もやったことがあるので
朝起きるのは大丈夫だったけど、
配るエリアが広いし、家庭によって本数や種類が違うんで、
始めた頃は覚えるのが大変だった。

それでも毎日やる契約だったから、
1週間くらいでだいぶ慣れた。

季節は秋頃で、
4時前くらいだったと思う。

ある家に牛乳を配ろうとしたら、
通りの向かいの家の塀の上がぼうっと赤く光った。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



『つむじさん』という遊びが、
消防の頃クラスの女子の間で流行っていた。

まず、

「つむじさん、つむじさん、
こちらのツムジにお入りください」

みたいなことを言いながら、
ターゲットの女の子の体操服の背中に指を押し当てて、
ぐりっと左にねじって渦巻きの皺を作る。

すると、次の体育の時間までに、
渦巻きの皺を作ったところに『つむじさん』がドンとぶつかって、
その子を転ばせようとするらしい。

たぶん、暗示の類だと思うけど、
見えない何かに押されるという、
オカルト的な現象を楽しむだけの遊びだった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



俺はずっとやめてたバイクを買ってまた乗り出した。

いわゆるリターンライダーってやつだ。

これで通勤はできないが乗りたくてしかたないんで、
毎日仕事が終わってから
1~2時間ばかり近くの峠で慣らしをしてたんだよ。

そこは別に有名な走り屋のスポットとかじゃなくて、
何でもないただの国道。

しかも俺は仕事終わって飯食ってから走るんで、
だいたい9~11時頃になる。

その時間帯になると
田舎だから通勤の車もほとんどなくなり、
1時間で10数台くらいしか対向車がいないんで、
けっこう思い切って走ることができる。

んで1ヶ月くらい前のことだけど、
走っていたら大きなカーブの先に赤い光が見える。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



この間怖い体験をした。

俺が住んでるアパートから200mほど離れたところに、
大学病院へ行く道と、
ちょっとした通りとが交差する十字路があって、
そこは音の出る信号機がついてるんだけど、
そこであった話。

俺は大学生で、
その日は飲み会があってだいぶ遅くなった。

深夜の2時を過ぎていたと思う。

かなり酔っ払って
一人でふらふらと歩いてその交差点まできた。

ここいらは日中こそ病院への出入りで車通りがあるが、
こんな時間だと人も通らずひっそりとしたところなんだ。

交差点にだいぶ近づいたところで、
だれか赤信号で待っていることに気づいた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



某メーカー系で働く友人が、
東南アジアで新工場を立ち上げた際に現地で体験した話です。

新工場は無事立ち上り、
操業を開始して数ヶ月経過した頃、
現地の女性作業員が勤務中に突然泣き喚きだし、
持ち場を離れてしまう事件が発生。

現地通訳に事情を聞くと、

「彼女はお化けに取り憑かれた。
この国では良くあることだから気にするな」

とのこと。

到底信じることはできなかったが、
言葉の壁もあり女性作業員と直接話をすることが難しく、
うやむやになっていった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ