【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



徳島の田舎。

当時10歳の私と祖母は、
山菜取りに山の中に行った。

よく晴れた気持ちのいい日だった。

小休憩の間に林の中をうろうろしていると、
少し開けた草むらに、
私は2,3件からなるバラックの集落を見付けた。

妙な気配に振り向くと、男が三人、
近くの茂みの暗がりからじっとこちらを見つめている。

身長はでこぼこだが、
三人とも小太りで目が大きく丸刈りと、
驚くほど似ていた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



先日友人Aと電話していたとき、
友人が『どう思う?』と聞いてきた話です。

ちょっとにわかには信じられないのですが……

でも聞かされたときはさすがに怖かったです。

Aの家の近くを流れる川には、
JRの鉄橋がかかっています。

この鉄橋の下には、
ホームレスの人があの青いビニールテントを並べていて、
地元ではちょっとした名所?になっているそうです。

ホームレスの人って、
空き缶集めよくやってるじゃないですか。

Aは飲み会の帰り、
ふたりのホームレスと思われる人物が、
空き缶集めの縄張りかなにかをめぐって
言い争ってるのに出くわしたそうです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



私が中学生だった時、
クラスにちょっと頭の不自由な子がいました。

実際に、けっこう無理はありましたが、
いちおう普通のクラスで普通に勉強していました。

親の希望もあって
ナントカ学級には行きませんでした。

クラスでもちょっとおかしいところはありましたが、
なんとかクラスにとけこんでいました。

が、時々理解不能な奇行をしました。

その子と仲良くしていた女の子が、
乱暴まがいの事をされたこともありました。

その他にも、奇声やパニックなど茶飯時で、
私のクラスにはある緊張感が漂っていました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ