【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



平成7年の冬、息子が産まれた。 
 
私には夫がいない。いわゆる、私生児という息子だ。 
 
出産後、いい顔しない両親に頼み込んで、実家に帰った。 
 
母は何も手伝ってくれもせず、何から何まで自分一人で育児を行い、
自分でもかなり、疲労が溜まってきたな、と自覚し始めたころ、それは起こった。

今でも、幻覚を見たんじゃないかとさえ思う。 

2時ごろ、子供の泣き声で目を覚まし、授乳した。 
 
子供はミルクを飲みながら寝てしまったが、30分くらいでまた泣いて起こされた。
 
ただでさえ、肩身の狭い身なのに、
「泣き声で眠れなかった」とか言われたらこちらも困る。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



自衛隊のレンジャー訓練に参加していたときの事を、お話させていただきます。 

その訓練は、2名一組となりコンパスと簡単な地図をもって、
あらかじめ定めた要所を徒歩で巡回していくというものでした。

まず最初に、コンパス上の方向と距離を記入したメモが渡されます。

そして、その案内に従って進んだ先の地点に、 
次なる目標の方向と距離を書いたメモが隠されている、という内容の訓練でした。

最後の要所に到着した時は、昼前に開始したにもかかわらず、
もうすっかり日が落ちて午前1時をまわっていました。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今から5年位前かなぁ。

学生アルバイトで俺はテレビゲーム屋の店員をしてたんだ。

その時店内には、店長ともう1人のバイトの人間がいた。

その日は休日だったが客の入りは良くなかった。

しばらく店内の雑用をこなしていたら、
ツナギを来た中年の親父が入ってきた。

「いらっしゃいませ」

店長がそう言いきる間もなくその男はカウンターレジにやってきた。

男「あ、あの…」

店長「はい、何か?」

男「メロン買いませんか?」

俺たち『はぁ!?』
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ