【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



数年前の話です。

朝から出かけたまま帰らないという
1本の電話から始まりました。

姉から旦那が連絡も無しに戻らない・・ 

今まで一度もそんなことは無かったらしい。 

私も直感的に、まずいな・・って感じた。 

何処に行ったかも解らない。

思い当たるところは連絡した。 

不安がよぎる。 

一応警察に捜索願を出す事にした。

夜の7時。秋も深まった 

10月の末。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



またまたあのマンションでのお話です。 
 ※【洒落怖】主人を返して
 
あんな事があったにも関わらず、私は結局そのマンションに1年程住んでいました。 
 
理由は、引越し費用がバカにならない事と、意地・・・かな(笑) 

幽霊なんかよりも、生きている人間の方がよっぽど怖いものだ、と普段から豪語している私です。
(その考えは、未だに変わっていませんが^^;)負けてたまるかあぁぁぁぁぁ!です。 

例の一件で、管理人が私に「注意人物」のようなレッテルを貼っているようで、
私の郵便ポストなんかを勝手にチェックしていたりして、とても腹立たしい思いはしていましたが、 
あれ以来、何事も無く平穏無事に、お気楽な毎日を過ごしていました・・・ 

過ごしていました・・・過去形です。 

あの一件から丁度1ヵ月後の事です。 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



それは私が一人暮らしを始めて3日目のことでした。 

その日、私は仕事がうまくいき、お客さんと遅くまで繁華街で呑んでいました。 
 
私の借りたマンションは、駅から徒歩2分という立地条件の良さで、 
遅くまで呑んでいても大丈夫♪という気軽さも手伝って、いつもよりも 
ゆっくり呑んでいましたが、何とか最終に間に合いました。 
 
マンションはそこから快速で2つめの駅です。10分程で駅に着きました。 
 
それから、駅前のロータリーを横切って、
ゆっくりとマンションに向かいました。 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ