【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



これは私が祖母に聞かされた昔話で
母が田舎にいた頃に母の祖父(曾祖父?)に聞いたお話です。

母は中国地方にある小さな村で生まれ育ったのですが
その村の裏の山には主(土地神)がいて
村人は年に数回お供えをしていたそうです。

そのお供えには村の男が二人で向かうのですが、山へ入る前に

『○○○○(むにゃむにゃ~と母は言ってました)申すか?申さぬか?』

『申す!』

とおまじない(?)みたいな掛け合いをしていくらしいです。

ちなみに、山の主とは猿の妖怪(老猿?)で
目が合うと襲い掛かってくるそうです。
(普通の猿でも目が合えば襲い掛かってきそうですがw)

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



ある日、郵便受けに切手のない封書が届きます。

その中身には白紙が入っているそうです。

そこで

「なんだこれ?」

って捨ててしまったら、
とんでもない目に会う事になります

実は、白紙の紙と別にもう一枚、
封筒の中には小さな紙があるのです。

「君想う。心は共に。我が想い、言霊に乗せ」

そして、その裏には

「一字一句間違わず、同じ文章を書いて、好きな人に届けて下さい。
白紙の紙に相手の気持ちが届きます。本当に間違わないで下さい。」

単なるいたずらだと思う人がほとんどでしょう。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



私の地元に(地元では)有名な心霊スポットがあります。

私の体験談ではありませんので詳しくは分かりませんが、
かなり前の話です。

そこは山の中にあってトンネル潜ると(車はトンネルの手前までしか行けない)
白いビルのような廃墟がある所なんですが、夏場はやはり行く人が多い所です。

元彼の友人も数名でそこへ行ったそうなんです。

途中までは何事も無かったらしいのですが、
一人だけ顔色がめちゃくちゃ悪くて
彼氏の友人も少し気にかけていたのですが、
車の所へ皆で帰る途中、
その人が突然ものすごい勢いで逆戻りして
ビルのほうへ走っていってしまったそうなんです。

皆慌てて後を追いかけたのですが、
その人の姿はありませんでした。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ