【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



中学時代の話。

当時、俺は部活動をしていて、
帰宅するのはいつも19時くらい。

あの日、
俺は部活が終わって
友人たちと帰り道を歩いてた。

季節は夏。

とても蒸し暑くて、
空が薄暗くなっていたのを覚えてる。

途中、
家の近くの交差点で俺だけ右方向になるから、

「また明日な」

とか言いながら友人たちと別れた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



子供の頃に行った夏祭りで変な事があった。

親戚祖父母の5人位で花火を観に行ったんだけど、
その時に観た花火が何か妙だったんだよな。

お祭りでは、御神輿の周りを囲む様にして、
お面を被った人々が盆踊りをしていた。

俺達は事前に
一番良い場所にシートを敷いて確保しておいた。

そこで弁当を食べながら
花火の始まりを待機してた。

だけども待てども待てども
一向に花火は打ち上げられない。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



先日、車で人を轢きそうになった。

人通りが少ない一般道を走行中、
視界に左車線を歩く男性が見えていた。

特にフラフラ歩いている感じではなく、
さほど気にせずにそのまま通過する予定だった。

いざ通過しますって時に、
男性が飛び出してきた。

というよりは、
何かに突き出されるような形で前に飛び出てきた。

やばい!と思い、
急ブレーキとクラクション鳴らした。

結果的に轢かずに済み、
目を見開いてこっちを見ている男性(かなり動揺してる様子)の下へ向かった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ