【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



年始に親戚一同が集まった時に、
祖母の一番上の兄さんが昔聞いたっていう話をしてくれた。

・悪いことをすると箱に魂を取られ、別の人の魂を入れられてしまう。
・箱に魂がいっぱいになると、そこから新しい人間が生まれてくる。
・↑は山の神様(?)の食べ物になるか、従者(?)になる。

でも、その箱がどういうものかは知らない。

この話を聞かせてくれた人が、
教えてくれなかったとのこと。

コトリバコ系オカルト話キター!?と内心嬉しくなった自分は、
従兄弟と詳しく話しを聞いてみた。

戦前の話。

曽祖父はとある職人で、
家族と二人の弟子とお手伝いさんと住んでた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



私の彼氏が
『自殺しようとする人』にもの凄い確率で遭遇します。

しかも、必ず相手から話しかけられるそうです。

ちなみに、
彼は親切そうな外見ではなく、
愛想のないほうです。

歩道橋で

「兄ちゃん、生きるって楽しいか?」

とか、

「今から家に火付けて死ぬんじゃ」

と、灯油缶を引きずるじいさんに言われたり。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



昔、住んでいたところの近くに墓地があった。

ある日、墓地が更地となっていた。

墓地の整理でもするのかな?と思っていたら、
アスファルトが敷かれて、
駐車場となって多くの車が止まっていた。

こんな所怖くないかな?と思った。

駐車場が出来てから
1、2ヶ月したら車が全部なくなり、
アスファルトが剥がされていた。

やっぱり何かあったんだろうなと思っていたら、
基礎工事が始まり、
建売住宅の説明会が行われるようになった。

不動産屋は、
駐車場を潰して住宅にすると説明していた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ