【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



小学校時代(70年代w)、隣のクラスであった話。 


小学校3年の夏休みが終わって、2学期の初日。 

担任の先生がそのクラスに女の子の転校生が来たことを知らせた。 

ただし転校生は入院していて、まだ学校に来られないという。 

ホームルームで「新しいお友だちに手紙を書いて励まそう」 
ということになり、みんな思い思いの手紙を書いた。 

でも顔を見たこともない相手だから、どの手紙も 

 「早くよくなってね」「早く一緒に遊ぼう」 

といった型通りの平凡な内容にしかならなかった。 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



ケータイからです

たった今経験した事なので洒落にならないほど怖いです 

オレは休暇をとって旅行中の派遣社員なんですが、今宿のフロに入ってきました 


そこには人の良いおじさんが先に入っていたので雑談しました 


そしたらおじさんにこの近くには幽霊屋敷が多いと言われたのです 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



酒を飲んで、深夜に帰宅した。
 
道が混んでいなければ、最寄りの駅から車で10分くらいの場所にあるマンションに私は住んでいる。
 
普段は駅までの道は行きも帰りもバスを利用しているのだが、その時は午前1時を回って2時近く、深夜バスもない時間帯だった。
 
従ってタクシーで、その日は帰宅した。
 
マンションはオートロック式で、ナンバー入力により開錠しエレベーターホールまで数歩。
 
地上12階建て地下1階(駐車場)の私は7階11号室の住人である。
 
エレベーターはB1にとまっていたため、1階に止まるまで数10秒待たされる。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ