【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



高校時代の友人が体験した話。

仮に佐藤とする。

佐藤は隣県から僕の地元の高校に通学していた。

仲は良かったが、
あまり自分のことを話さない性格だったので、
よくわからない奴だった。

2年の夏休みに佐藤は、
佐藤の地元の友人たちとバーベキューをやったらしい。

佐藤の地元はド田舎で、
田んぼと川くらいしかなく、
民家も所々にかたまってあるくらいだ。

6人ほど集まって、
原チャリで食材などを『機場』という場所に運ぶ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



オレは九州の山奥で、
砂防ダムをつくってる。

泣きたくなるような職場なんだが、
おふくろは半分寝たきりだし、
兄貴はちょっと頭がアレで、
二人とも会社の寮にオレと住んでる。

辞めるに辞められない状況なんだわ。

一日十一時間働いて、
休みは週一回。月給十万八千円。

寮費が四万五千円抜かれて、
昼飯が九千円天引き。

あと、管理費とかいう良くわからんのが、
二万円取られている。

手元に残るのは三万ちょっと。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



自分は今まで心霊体験なんか全くなく、
30数年を過ごしてきました。

今から6年前の4月、
仕事で博多に長期出張の間に経験した出来事です。

自分にとって初めての長期出張。

仕事は営業マンでけっこう給料も貰っており、
住まいも博多駅から歩いて5分。

全○空ホテル斜め前の交番を
少し入った公園の向かいのマンション。

立地もいいし家賃はほぼ会社持ちで、
とにかく毎日のように浮かれて、
中洲や博多駅近辺で呑んで騒いで、
福岡を満喫していました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ