【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



小学校の時の話。

俺の行ってた小学校はかなりのバカ学校で、
俺はどうしてもクラスになじめず浮いていた。

ヘビーないじめこそなかったが、
何かにつけてクラスのガキ大将的なヤツと
その取り巻きに因縁をつけられ、

(今思えばかわいいものだが)

イタズラされ、からかわれていた。

その日も俺はノートを隠されていた。

連日のことでもうほんと頭にきていたので、
俺もガキ大将のノートを隠して仕返しすることにした。

昼休み、みんなが校庭に遊びに出たスキに、
ヤツの机を調べてノートをみつけた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



小学生の頃、
俺は友達と2人で廃屋探検に行きました。

ターゲットは町内でも田舎な地域にある家で、
結構新しいのに無人。

前の住人が自殺したとか殺されたとか、
そういう噂が立っている所でした。

学校が終わってすぐその家へ向かう段取りだったのに、
俺が職員室に呼ばれて説教を食らっていたせいで、
出発がずいぶん遅れました。

しかもコンビニ寄って立ち読みしてたりで、
現場に到着したのは夕方6時頃。

広い産業道路沿いの一角の、
塀に囲まれた一軒家です。

周囲の空き地はススキが茂り放題で、
いかにも空き家って雰囲気。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



土地の古老って言葉はすっかり死語ですが、
まだ私の子供の頃にはいたんですよね。

土地の昔話や、(年齢がばれますが)
若いみなさんは聞いたこともないだろう、
『日露戦争従軍記』なんてものまで語ってもらったりもしました。

当時で90はいってたんではないでしょうか。

いわゆる『ぼけ』もなく矍鑠としていて、
とにかくいろいろな話を聞かせてもらいました。

これもそのひとつです。

とりあえず『古老』じゃあまりよろしくないので、
以下では『Sさん』ということにしましょう。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ