【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。



中学校も小さい頃になるのかな。

ちょっと同窓会の案内が来て
当時を懐かしんでいたら思い出したことがある。

ちょっと過去を振り返る意味でも書き込んでみます。

当方、アラサー♀です。

こないだ夜寝てるとき、
ふと目が覚めると
目の前に血を流した女の人がいた。

寝ぼけてるし起こされてムカついたんで、
女の顔を思いっきりつかんで
散々文句言ったら消えたから寝なおした。

普通だったら
気絶して気づいたら朝でした…
というオチなんだろうな。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



私は幼稚園に入る前くらいまで、
他の人たちが色の塊に見えていた。

バーバパパの顔が無いかんじ。

姉はピンクで母はオレンジ、
父は深い緑色。

機嫌が良いと澄んだ色で、
怒ってると色が濁って見えた。

濁ったときは怒られるから、
おとなしくしてた。

人の気分に敏感な子供だった。

その色が見えていたころ、
一度だけ金色を見たことがある。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



小さい頃、
週1ペースで同じ夢を見てた。

いつから見ていたかはわからない。

気づいたら見てた。

眠りに落ちる前に、
あ、今日はあの夢が来るという予感があった。

どこかの町中、
戦車のようなキャタピラの行列。

大人の陰に隠れてそれを不安げに見ている。

子供の目線の高さ。

目の前のキャタピラが
大きな音を立てて石畳みの上を行く。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ