小学生のとき、
初めてコックリさんをやった。

ぬ~べ~で見たエンジェル様ってやつ。

ちゃんとやり方知ってるヤツがいなかったせいか
みんな超適当で

「おい、○○動かすなよ~w」

とか終始なごやかだった。

途中から参加するヤツもいた。

んで、エンジェル様が帰ったかも曖昧なまま終了。

あとは使った10円を手放せばOK。

ぬ~べ~では何回も10円が返ってくるんだが、
戻ってきたらお得じゃん!的なノリで
誰も問題にしてなかった。

だけど昼過ぎから天気が一変。

ひょうが降ってきた。

それまで晴れてたし、
ひょう自体珍しかったから
祟りじゃないかと本当に怖かった。

後日談とは違うだろうけど一応続きがある。

別の中学に行ったヤツで
その時のメンバーの何人かがまたコックリさんを中学でやったらしい。

そしたらラップ音や10円玉暴走。

怖くなって強制終了し、
使った紙を流し台の下につっこんだ。

で、あとで見たら黒マジックで書いた筈の鳥居が
赤くなってたとか。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事