これは「つまごい」と
その人が勝手に呼んでた刀の話。

実は二度ほどその人のコレクションを拝見させていただいたんだが、
一度目には鞘にはいったままの姿を俺も目にしてる。

丈はおそらく刀身で四尺三寸余、
きつめの反りをもつがけして鈍く見えない野太刀。

鞘から抜いた姿は、
俺自身はついぞ目にすることは出来なかったけどな。

彼はその野太刀を無銘だけど
「つまごい」と呼んでいた。

徴発されるまでは、
戦時下の頃につぶされた神社に奉納されていたものらしい。

江戸の頃に書かれたものだろうという添え書きには、
以下のような事が記されていたそうだ。


この刀を打った人というのは大層信心深かった人で、
各地の神社やらが奉納刀を求めたと聞くといてもたってもいられず、
家内を疎かにしてまでもひたすら刀を打ったんだそうだ。

そんなんだから、
奥方から三行半つきつけられたというだめ亭主。

ところがこの男、
離縁されてはじめて奥方のことを想うようになり、
刀のことすら考えずに復縁を迫ったんだと。

ところが相手は素っ気ない。

そのうち月日が流れて、
すっかり心身病んだこの男。

ある日突然、
すっかり鍛冶から離れてたんだが刀を打ち始めた。

それからしばらくして、
復縁を迫りにもこなくなった事を不思議に思った元奥方が訪ねてみると、
焼き入れが済まされていない刀と一緒に、
無残な姿の男がみつかったそうな。

これを聞いた別の鍛冶が、
あまりに不憫だとして焼入れを済ませたのがこのつまごいで、
形見として受け取った元奥方は、
ある日突然この刀で白昼堂々自刃したという。

この時の様があまりに恐ろしげであったことから曰くがついて、
祀られるようになったんだと。

で、話はまだまだ続く。

自刃したのは何もその元奥方だけではなくて、
嘘かまことか神社に奉納されたあとも巫女が自刃を遂げる等、
自刃にまつわる話が後を絶たなかったらしい。

自刃してしまうのは総じて女性。

巡りめぐってそれが彼の祖父の手に渡ったわけなんだけど、
祖父さんていうのは豪気な人で、
一笑に伏していたんだそうだ。

ところが彼の祖母も
自刃をその刀で遂げてしまった。

曰くが本物であったとなってからは、
雇い人に手入れはさせても自分ではけっして触れないようにと、
これが第一の家訓となって、
彼も家を継ぐ際に父親からもきつく言い含められたそうな。


さて、ここまで聞くと俺の声は震えたね。

実はこの話を聞いたのは、
二度目に彼のコレクションの見納めとして訪れた時の話だったんだ。

彼は全てのコレクションを手放さざるをえない状況、
端的にいって破産したわけさ。

「じゃあひょっとして、今ないのは?」

って俺が聞いたら、

「どうしても欲しいという方がいてね、やむなく売った」

ここでは俺で通してるけど、
実は自分女なんですよ。

これを聞いてからというもの、
必死でお金を貯め続けてたりするわけです。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事