学生時代、
私は八王子に一人暮らしをしていました。

ある時、
埼玉の久喜にある友人の家に遊びに行きました。

友人の家に着き、
インターフォンを押すと、

中から

「カギ開いてるから入ってこいよ」

と友人の声。

玄関を開けて入ると、
そこはなぜか私の部屋だったんです。

ビックリして外に出ると、
やっぱり八王子の私の家の玄関前なんです。

訳が分からない状況で困惑していると、
友人から携帯に電話が入り、

『お前、どこいったの?コンビニ?』

と聞いてきました。

後々、
説明して理解してもらうのに、
すごく骨が折れました。

と言うか多分、
友人は未だに納得してないと思います。

まさに“どこでもドア”的な体験でした。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事