どしゃ降りの雨の日の度に思い出すんだけど、
小学生の時、実家の近くに雑木林があって、
そこで中華で3000円くらいの
AKっぽいエアガン持ってゲリラごっこしてた。

映画の兵士みたいに見よう見まねで動きながら
遊ぶのが好きだった。

どしゃ降りの雨の日にやったら面白そうと思って、
カッパと長靴で雑木林に入ろうとしたら、

「風邪引くからやめな!」

って声がして、
振り向いたら50くらいのおばちゃんが睨んでて、
俺はビビって帰った。

翌日、
そのおばちゃんが雑木林で首を吊ってたのを誰かが見つけた。

思い返してみれば、
おばちゃん雨に濡れてなかったし、
もしかしたら俺が行く前にすでに吊ってて、
死体を見られたくなかったのかも。

雑木林は無くなったけど、
未だに実家に帰った時は手をあわせている。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事